心を軽くする方法~鉄心blog

心理学で心を軽くする方法。心理学で心をひも解き、相手も自分も理解しあう事が出来る。【心理研究家】佐屋鉄心

認知の歪み

自分の感情を把握する事の難しさ

認知行動療法を行うときには、自分の感情を把握する必要があります。
これが意外と難しいことで、なかなか自分で具現化できない事も多くあります。
出来事に対して自分の気持ちから出てきたものが「感情」ではなく「思考」になっている人が見受けられます。
例えば、「上司に怒られた」という時に、「上司が間違っている」「私は悪くない」と思うことが感情だと思っているケースがあります。
これは感情ではなく思考結果です。
上司に怒られた→上司が間違っている
ではなく
上司に怒られた→感情→上司が間違っている
となります。
認知行動療法で行う作業の中で、出来事に対して分析を行う方法があるのですが、この感情の部分がなかなか出てこないという方は多くいらっしゃいます。
これは、反射的に思考している方に多く、言葉にすることが難しいということもあります。
このために感情を日々書き出すという作業を前段階に行うのですが、そのような方は難しいと感じて止めてしまう事が多いのは否めないことなのかもしれません。
ですが、自分の感情を把握して、自動思考と感情の元になっている自認知の歪みを修正するには最初の感情を把握する事は必須です。
日々、自分が感じている感情を考えるクセをつけると、自分の中で起こっているプロセスをひも解くことが出来るようになっていきます。
まずは、頭の中でも良いので『今の自分はどんな感情なのだろう?』と問いかけるクセをつけることが大切です。

「~べき」思考の大切さ

「信号は守るべき」

「私は頑張り屋であるべき」

「あなたは私の子供なのだからこうあるべき」


このように自分ルールを設けて忠実に守る思考のことを「べき思考」と言います。

ほとんどの悩みの原因には認知の歪みというものがあって、べき思考はそのうちの一つです。

皆さんも一つくらいは持っているのではないでしょうか。

もし、そのべき思考が悩みの原因になっているのなら改善をはかりたいものです。


カウンセリングの中では、認知の歪みに着目して、その修正を行います。

ですが、認知の歪みが全て悪いという訳ではありません。

私も、クライアントに上手く説明が伝わらない事もありました。

べき思考っといってしまうと、それ自体が悪い事のように感じてしまわれるそうです。

確かに、極端に考えると「悩みの原因=悪いもの」になってしまうのは考え方としては間違っていないのかもしれません。

ですが、このべき思考は悪いところばかりではありません。

例えば、がむしゃらに頑張って目標を達成するような方は、べき思考を持っていることがほとんどです。

「私は目標を達成するべき」

「私は強くあるべき」

「周りは私を賞賛するべき」

この強い思いがあってこそ目標を達成する源になっていることが多くあるからです。

問題なのは、べき=過度のストレスになってしまう時です。

この時はべき思考を見直すことが必要でしょう。


ちなみに、べき思考を修正するプロセスは、

1、自分が何に対してべき思考をしているかを知り、その思考になった原因を考える。

 →自分がべき思考をしていると気が付いたら、その思考が身に着いた原因を考えます。
  大抵は育った環境でそうせざるを得なかったのが原因です。
  その原因の見方を変えることによってべき思考が本当に自分に必要なことなのかがわかります。

2、自分のべき思考が一般的にどのようなものなのかを考える。

 →あまりにも常識はずれなべき思考は過度のストレスになりやすいものです。
  あまりにも常軌を逸した強いべき思考は捨てる必要があるかもしれません。

3、「べき」を「かもしれない」に変えていく。

 →ここが一番大切な部分です。
  「べき」→「べきではない」にしてしまうと今度は「べきではない」がべき思考になって行きます。
  それでは、逆になっただけで意味がありません。
  「かもしれない」という中間を取るようにします。

  そうすると「べき」をよく考える事ができ、 本当に自分に必要な方向性が見えてきます。
  もちろん中間を取るという事は迷いや不安を生みます。
  ですがそれを乗り越えてこそ、満足感が得られるのではないでしょうか。


以上がべき思考を修正するプロセスです。

「べき」自体も大切な思考である事も意識すると、修正の近道になるでしょう。

 「べき思考を直すべき」にならないようにすることが大切です。
サイト内
リンク
自分で出来る認知行動療法

エゴグラム性格診断

にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

livedoor プロフィール