心を軽くする方法~鉄心blog

心理学で心を軽くする方法。心理学で心をひも解き、相手も自分も理解しあう事が出来る。【心理研究家】佐屋鉄心

日々の出来事

否定は止めて肯定をしてみましょう。

先日、カウンセリングではないのですが、知り合いの愚痴を聞く機会がありました。

元々、昔から相談事を良くされるのですが、愚痴なんかも良く聞かされます(^o^;)

私は、人の愚痴を聞くのを嫌だと感じたことが無いので全く問題はないのですが、誰でもどこでも何でも、大体同じ原因があって、全部聞いた後に一言だけ言っている言葉があります。


「相手に肯定感も持つと自分が楽になるよ」


これを言う理由は、愚痴のほとんどが「相手に否定感を持っている」というのが原因だからです。

そして、その否定感は「自分とは違う悪しきもの」というレッテルを貼ることによって生まれます。

これは、自我を守るために行われることなんですが、傍から見ているとどうしても生産性が無いように見えてしまいます。

もちろん、否定感を持つ気持ちは重々わかるんです。

どうしても感情が勝手に一人歩きしてしまうものです。



別にその人と仲良くなる必要はありません。

馬が合わないと言う事は仕方の無いことです。

人それぞれ自我があって、それぞれ違うのですから。

ですが、自分の見方や捉え方で自分の感情がマイナスになっているのは損をしています。

自分とは違うものを否定する → 悪しきものとしてレッテルを貼る → その人自体に対して否定的になる → 気分が悪い

これを

自分とは違うものを肯定してみる → 悪しきものではないというレッテルを貼る → その人自体に対して肯定的な理由が出来る → そんなに悪い気分ではない

に変えるだけで自分の感情が助かっています。

自分の感情を傷つける人や、自分が納得できない人はいます。

ですが、そんな人達にもそうなった理由があります。

ただ嫌だということにはせず、好きになる努力をすることが自分にとって一番良い方法ではないでしょうか。

仕事、、辞める?辞めない?

仕事に関する相談をよく受けることがあります。

仕事とは、人生において大きなウェイトを締めることです。

思い悩む方が多いのは仕方が無いことでしょう。


よくご相談を受けるのが、仕事を辞めるべきかどうかというものです。

辞めたいと思う原因は人それぞれです。

上司が嫌い。仕事がきつい。そもそもこの仕事が向いてない。などなど。。。

それぞれ色々な気持ちを抱えていますが、いつも私が言うのは、

「自分の満足感が高いほうを選ぶとよいですよ」

と伝えます。

正直、仕事の内容を詳しく聞いても、辞めるべきかどうかは私には判断がつきません。

法律的な問題や、その人の生活の問題もあるでしょう。

「それはひどい!今すぐ辞めなさい!」とはいえません。( ̄Д ̄;;

そもそも、カウンセラーはクライントが自分自身で判断ができる力を身につけるお手伝いをするのが仕事です。

なので、状況にもよりますが、クライアントの気持ちにフォーカスして判断を促す方法をとります。

自分の満足感とは、裏を返すと後悔をしないほうということです。

後悔しないほうを選ぼうとすると、どうしても不安の方が先に来て選ぶことが難しくなります。

なので、自分にとってプラスが多いほうを選択してくださいということです。

この考え方だと、考える内容が良いことや楽しいことの比較になります。

そうすると、判断を下す不安が軽くなるため、判断をしやすくなるというからくりです。

○マイナスな考え方
仕事を辞める⇒収入がなくなる。次の仕事への不安
仕事を続ける⇒ストレスが継続する。この仕事であっているのだろうか。

○プラスな考え方
仕事を辞める⇒ストレスからの開放。次のステップへのスタート。自分がやりたい事ができるかも
仕事を続ける⇒困難を乗り越えた後の満足感。自分のレベルアップ。収入の安定。

例えばこのように考えます。
プラスの部分だけで比べてみると自分にとって良い方の判断がつきやすくはないでしょうか。

人はマイナスな事を思考していると、頭の回転が落ちてきます。

学生の頃、嫌いな教科は頭に入ってこないのに、好きな教科はすらすら勉強できた事はありませんか?

それと同じで、自然と考えたくない事は考えないように脳が指令を出しているからです。

プラスな事を考えて思考や判断をしたほうが正しい答えを導き出せる可能性が上がるのです。

皆さんもマイナスを比べるのではなく、プラスを比べてみてはいかがでしょうか。

 

遅刻をしました(´;ω;`)

すっかり暑くなりました。

おかげで体調を崩されている方も多いみたいですね。

私は今日の朝、暑くておきたのですが、一度起きてエアコンを入れてそのまま二度寝。。。

気付けば予定より1時間半遅くおきました。

用事があったのですが大遅刻です。。。

待たせた方、ホントにごめんなさい。

エアコンという文明の利器に屈服いたしました(笑)。

皆さんも二度寝には気をつけましょう。


私は、この文章を相手への懺悔だと思って書いています。

本当は書かなくてもいいような出来事を、公に謝る事で自分への心理的対処にしています。

書くことによって自分の悪かった部分への反省、相手への謝罪、次への対策を客観的に考えられます。

自分のマイナスな感情を吐き出す事で心理的負荷の軽減にもなっています。


今回の件で心理学的なものを一つ。

自分の失敗を隠そうとしたり、蓋をしようとする人がいます。

実は私も昔はそうでした。なかなか素直にダメな自分を認めるというのは難しいことですよね。

ですがそれは、自分を 守るためだと気が付き、少しずつ修正してきました。

ここに書くという事も修正の一つです。

心理的背景としては、

自分がミスをした
 ↓
自分はダメな人間だ(自己否定)
 ↓
そんなダメな自分は認められない(回避)
 ↓
せめて周りにはダメな自分を見せないようにしよう(外面をつくろう)

という心理が働いています。

では、なぜ外面をつくろうのでしょうか?

それは、他者からの評価で傷つくのが怖いからです。

でも、考えてみてください。

本当に他者からの評価が下がるのは「自分の失敗を隠そうとしたり、蓋をしようとする」ことではないでしょうか。

自分の体裁より大事なものに気付けば、勇気を出して自分の失敗を認めることが出来ると思います。

自分の行動や考えを少し掘り下げて考えると、自分も周りも生きやすくなると思います。

 

電車が遅延した時の感情

皆さんは、何かのせいで用事に遅刻した時にどのように感じるでしょうか。

イライラする

何も感じない

相手に申し訳ない気持ちでいっぱいになる

色々な方がいらっしゃると思います。


今日は用事があったので出かけたのですが、電車がノロノロ運転で遅刻をしてしまいました。

「お客様の救助を行ったためダイヤの調整中」っというアナウンスでした。

正直、私はイライラするタイプです(´▽`;)。

yjimage


自分の邪魔をされた時の反応としてイライラする事はよくあることです。

ですが、イライラしても得をする事はありません。

なので、私はそういうときに心理的対処を行います。

①、相手の感情を考えてみる。

電車が遅れる原因になった人は、申し訳ないと思って自分を責めているかもしれません。

具合が悪くなって他人に迷惑をかける事は、そこまで悪い事でしょうか。

自分も体調が急に悪くなってそれが電車の中だったら遅延をさせてしまうかもしれません。その時は、申し訳ない気持ちになります。

②、遅刻するという現実への対処を迅速に行う。

遅刻をしそうならすぐにでも連絡をして、自分がやなことを先に片付けます。

これは、いつまでもイライラしているのは誰も得をしないからです。

迅速に連絡をすることによって、相手の不安を取ることと、それを成したという自分への自信にします。

③、そもそもなぜイライラするのかを考える

イライラというのは、「自分では変えられないことに対しての不満」からきます。

電車が遅れるということは変えられないことです。

それによって自分が損をするということでイライラします。

では、何変えればいいのかというと、自分の損に対する認知と行動を変えてやればいいのです。

遅れる事によって相手に申し訳ないと思う → 早く謝って理解をしてもらうように努める

遅延を巻き起こした人の神経が信じられない → 大事な仕事があって具合が悪い中頑張って出かけたという頑張り屋だったかもしれない。そう考え、遅延をさせたことよりその頑張りに敬意を持つようにする。

時間の損 → 損以上に得なことが無いかを探す。いつもよりゆっくり窓の外を見て、知らなかった店を見つけてみるなど時間の有効な使い方を考える。

っという感じで、私は心理的対処を行っています。

怒りや不安は出来るだけないほうが、自分にとっても周りにとっても幸せなことです。

そこを自分で改善していく事は大切なことだと思います。 

 

老老介護についての話

先日、老老介護に関してのテレビ番組を見る機会がありました。

内容は、

東日本大震災によって家をなくした老夫婦。

避難生活を余儀なくする事になり、市が借り上げた一戸建てで生活を送っていました。

そんな折、奥さんが家の中で転倒し腰を痛め入院をすることに。

震災で息子さんも亡くしており、うつ病の症状もあったそうです。

自力での寝起きも間々ならない状態で介護が必要な状態でした。

ご主人は施設への入居を考えましたが、受け入れ口が無い状態だそうです。

施設はあっても、介護士が足りず受け入れられない状態が震災後、続いているそうです。

そんな中、ご主人は意を決して平屋のバリアフリーで一軒家を建てることにしました。

奥さんの退院後、二人で暮らしていくためです。

ご主人が奥さんに『二人しかいないんだから頑張るしかない』と励ましているシーンが印象的でした 。


元々、高齢化社会を迎えている日本ではこのようなケースが増えていくことだと思います。

特に震災に遭われた方はその負担も大きくなっていると思います。

施設の増設や、人手の確保は必須だと思います。

何より私が気になったのは、高齢者のメンタルケアです。

心と身体は密接につながっています。

身体を壊せば心も弱ったり、心が弱れば身体に異常をきたす事もあります。

体の老いは誰にでも来るものです。

せめて、周りの人は心のケアをすることが大切だと思いました。



 『二人しかいないんだから頑張るしかない』と言う台詞… 私にはどこか切なく感じました。

自らを奮い立たせているかのように見えたんです。

奥さんもその姿を見て頑張ろうと言ってはいましたが、内心はすごくしんどいのだと感じました。

無理をして頑張らなければいけない状況を作ってはいけないと私は思いました。
 
サイト内
リンク
自分で出来る認知行動療法

エゴグラム性格診断

にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

livedoor プロフィール